「旅・温泉が苦手」でした。

HSP(Highly Sensitive Person) とは「敏感すぎる人」などと訳され自分もその傾向が強い人間のひとりです。
他人や騒音・光などの刺激が、とても苦手です。

そんな人間が「のんびりしよう!」と温泉へ出かけてもかえって「疲れて果てて」帰ってきます。
その疲れの原因は・・・・

★ 温泉地への往復が苦手です
ざわつく車内、われ先にと順番待ちをする列、乗換駅・観光地の混雑など、目的地に着くまでに疲れ果てます。温泉でリラックスできたとしても、また帰りで疲れてしまう。車での移動は運転が苦手!それ以上に、車内でのアルコールも旅の楽しみなので(^_^) 

★ 宿に到着。大浴場が苦手です。
さて温泉でのんびり、と思ったのに大浴場は多くの人。仕方なく、そそくさと上がると脱衣場がビシャビシャに濡れていたり、髪の毛が落ちていたり・・・。

 部屋に戻ると
部屋が落ち着かない。音や匂いが気になることも・・・

そんな私でもお気に入りの宿がある

決して、混んでいる旅館や観光地を否定しているわけではありません。混んでいて賑やかな場所が好きな人もいるでしょう。
それぞれが気に入った場所に行けばいい。
自分に合った時期や場所を選べばいい!

温泉好きな奥様に連れられて全国、かなりの数の温泉旅館・ホテルに泊まりました。 旅館だけが良くても行きにくかったりするところも結局、足が遠のいたりしました。 結果、自分に合う場所が自然とふるいにかけらていくつかの旅館が残りました。

そんな数少ない旅館をこのサイトで公開しました。
あくまでHSPな私が「また来たい!」と思いリピーターになった場所です。

HSPとは?

HSP(※1)をご存じでしょうか?
アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士が提唱したHSP(Highly Sensitive Person)は
「敏感すぎる人」「とても敏感な人」などと訳されています。
他人や騒音、光など外からの様々な刺激に強く反応してしまい、疲れてしまう。

HSPを更に詳しく

★「HSPチェックテスト」(外部のサイトに移動します) こちらで、20の質問に答えるだけで「あなたがHSPかどうか?」チェックできます。
「還暦Debut」こちらのサイトではHSPに関する記事もあります。合わせてご覧下さい。